丹下と茄子

41歳のインディーズ農家です、毎日楽しく仕事してます。

手作りジャム

気持ちと時間にちょっと余裕があるといろいろやりたいことができる。
畑に一本だけ生えているブルーベリーの樹、今年は何故か毛虫に葉っぱを食い荒らされることなく収穫し終わった。
おかげで今年は豊作。何度かジャムを作れた。
f:id:tangefarm:20110901193938j:image
洗って水を切ってそのまま煮る。砂糖、レモン果汁は目分量。
f:id:tangefarm:20110901224220j:image
冷めたらタッパーへ。


別の畑にはイチジクの樹がこれまた一本だけある。
亡くなった祖父が大好きで毎朝収穫しては一緒に食べていた、ということもあってか僕もイチジクは大好物だ。
遅い台風と翌日の雨でイチジクは、風に揉まれて傷が付き水分を多く吸い上げ味が水っぽくなる。
さらに2,3日収穫しないと虫に喰われたり腐ったりする、至極残念。
食べれそうなイチジクを持ち帰り皮を剥きながら傷みを取り除いて鍋に入れる。
f:id:tangefarm:20110905135441j:image
あまり水分が出ないものは水を1/2カップ入れて煮る。
砂糖、レモン果汁を好みで入れて煮る、灰汁はこまめに取る。
出来上がるころには蒸発と灰汁取りで水を入れた分くらいは減る。

f:id:tangefarm:20110905185053j:image
こうやって書くと手慣れてるようだが、実際は瓶を用意し忘れて「生姜のハチミツ漬け」の瓶をあわてて空けたので、香りがイチジクジンジャージャムになってしまった。
晴れ間が続けば味が濃くなって完熟をそのまま頬張るので、この作業自体が貴重。
うまい、うまい、イチジクジャム最高!
ジャムのちゃんとしたレシピはクックパッドなどでお願いします。