丹下と茄子

40歳のインディーズ農家です、毎日楽しく仕事してます。

試行錯誤

試行錯誤といいますか暗中模索といいますか、いろいろ探り々々やってます。
基本、飲食店さん対応は注文された野菜を作業場に取りに来ていただくんですが時間のある時やお出かけしたい時は配達もします。
先日、配達を兼ねていつもお世話になっているゴッチャポントさんに試作の試食をしていただきました。
「試す」という字が続きますね。
見た目がちゃんと育った紅芯大根黒大根を厨房で切ってもらいました。
f:id:tangefarm:20111027225709j:image
紅芯大根は紅い部分が少なくてシェフに「あちゃ〜」と言っていただきました。
たまにあることらしいんですが、家で小さいのを切ったら中が真紅だったので余計へこみます。
そりゃそう簡単にはいかないですね、何事も。
黒大根の黒い部分は皮一枚で中は白いです。
一本どーんと置いてあると全然食欲湧かないけど、薄く切ってお皿に盛ると綺麗で美味しそうなんですよ。
すごいですね、料理人て。
味はそれぞれ大根でした、大根辛さがあったんですがゴッチャポント自家製カラスミをのせて食べたら美味しかったです、カラスミが。
組み合わせによって辛くなくなったり、より美味しくなったりするんですね。
f:id:tangefarm:20111028004137j:image
GOCCIA PONTO
※今後、料理でお皿に紅芯大根や黒大根が盛ってあったら一応シェフに「合格」を出していただいたということです。
 決して試作の野菜ではありませんので誤解のないように!
 茄子同様に愛でていますから。


そんなことをして楽しませてもらってる間に、昨日茄子の定植が無事終わりました。
いよいよ今シーズンもはじまります。
収穫は12月から始まる予定です。
皆さん今シーズンも「丹下の茄子」をよろしくお願いします。