丹下と茄子

41歳のインディーズ農家です、毎日楽しく仕事してます。

愛でたい目出度い1日

数日前から今日は朝から妻と娘を連れてお出かけしよう!意気込んで仕事をこなしました。
が、今朝おきたら熱があり薬を飲んで再び床に就くことに…。
まるで遠足前の小学生のようだ。
そんなにワクワクしてたのか!と自分にツッコミ入れつつ、がっかり。
予定は未定ですがお願いしてあったプレゼントは無事に届きました。
f:id:tangefarm:20111102213112j:image
今日で1歳になる朱理とついでに35歳になる僕にFree style floristchi-koさんにブーケを作ってもらいました。
写真だと微妙なに色合いが違うんですが、実物はさらにとても綺麗なんですよ。
やっぱり自然光で撮りたかったなぁ。
チーコさん、ありがとうございました。


昼食をとって何とか調子が落ち着いたので日本モンキーセンターへ向かうことに。
閉園1時間前の到着で入場券は半額になるらしい。
f:id:tangefarm:20111102163117j:image
念願の「若い太陽の塔」を間近で見れた。
記念碑には
「ひろびろとした丘の上に ゛若い太陽"が生まれる 日に日に新しく生まれ変わる
我々の生命の象徴(シンボル) 金色(こんじき)に輝く顔はおおらかに バイタリティを放射する 赤 青 緑の粧(よそお)いは 濃い青春の彩(いろど)りである 岡本太郎
と書かれてあった。
ベビーカーを押しての急な坂道はきつかったけど、寝起きのあかりもバイタリティの放射を受けて興奮気味でよかった。


閉園アナウンスが流れる頃にはサルたちもほとんどガラス越しの部屋に入ってしまった。
遠くのリスザルをみつけて喜んでいたあかりは
f:id:tangefarm:20111102170722j:image
ここでも喜んでいた。
家から1時間以内で着けるし、思った以上に楽しめる場所だ。
短かったけど、思わぬ遠足になった。


晩御飯にみんなで赤飯を食べた後、一升餅を風呂敷に包んであかりに背負わせた。
f:id:tangefarm:20111102201154j:image
多少後ろに持ってかれたが、ちゃんといつも通り歩いたので感心する。
これで食いっぱぐれないだろう。
f:id:tangefarm:20111102220357j:image
1年前も足の写真を撮っていたので今日も。
比べると流石にたくましい笑

この1年嫌な日なんて1日もなかった気がする。
有難い、ありがとう。
今年の抱負は「健康に過ごす」にしよう。