丹下と茄子

41歳のインディーズ農家です、毎日楽しく仕事してます。

専業農家とは

我が家が「専業農家」かどうかで両親と作業場で盛り上がりました。
曖昧なままでもいいんですけどね。


まず、農家の定義は
日本では農家の定義は以下の通りである。
耕地面積が10a(1000m²)以上の個人世帯、
耕地面積が10a未満の時は、年間農産物販売金額が15万円以上の個人世帯
このうち30a以上又は年間の農産物販売金額が50万円以上の農家を販売農家、それ以外の農家を自給的農家という。主業農家と副業的農家という区分もある。
農家が栽培する植物のことを農産物(または農作物)という。
ここはクリア!
ここからですね、分類は
専業農家
全収入を農業収入のみに頼っており、世帯員中に農業以外に就業している兼業従事者のいない農家。
第一種兼業農家
農業以外の仕事(会社勤めなど)で収入を得ている農家のうち、農業での収入が、全収入の50%以上の農家で、世帯員中に1人以上の兼業従事者がいる農家。
第二種兼業農家
農業以外の仕事(会社勤めなど)で収入を得ている農家のうち、農業での収入が、全収入の50%以下の農家で、世帯員中に1人以上の兼業従事者がいる農家。


専業農家の「全収入を農業収入のみに頼っており、世帯員中に農業以外に就業している兼業従事者のいない農家。」から漏れているかも!?
一緒に住んでる妹が名古屋駅のカフェのキッチンで毎日元気に働いてます。
そこで兼業従事者の定義は
「農家の世帯員のうち、30日以上他に雇用されて仕事をした者又は自営業(農業を除く)で15万円以上の販売金額を得た者。」
とありました。
妹は料理やデザートを作るのが仕事なので「兼業従事者」ではないですね。


ということで無事に、何事もなく「専業農家」に分類されました。
ま、茄子を作ることに変わりはないのでどうでもいい話なんですけどね。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。