丹下と茄子

41歳のインディーズ農家です、毎日楽しく仕事してます。

ベッドにマルチを張りました

f:id:tangefarm:20120109115810j:image
こうやって茄子が植わっている畝(ベッド)に被覆をします。
保湿、保温や草が生えにくい効果があります。
が、
数年前までは茄子の苗を植えたらすぐにマルチを張っていたんですけど、最近は整枝作業優先にしたので年末か今頃にずれ込みます。
茄子の木が順調に生長するためには人間が不快に感じるくらい「空気中の湿度」が必要です。
葉っぱの裏側の「気孔」で呼吸がしやすい状態を作るためです。
根っこで吸い上げた水分を気孔で蒸散します。
葉っぱは、空気中が乾燥していると水分を蓄えようと気孔を閉じてしまいます。
そこに潅水してしまうと、トイレに行けないのに水を飲むというつらい状況になります。
それを防ぐために、生長のための根っこへの潅水以外にマルチをしたら通路にチューブをのばして空気中への潅水をしなくてはなりません。
チューブを伸ばすまではマルチをしない事で同じ効果が得られます。
保温については畑全体がビニールで2重の被覆をしてあるので大丈夫です(日照時間が重要、地域によります)。
草はあまり生えないように管理しているのであまり関係ないです。


という、作業が遅れた言い訳でした。