丹下と茄子

41歳のインディーズ農家です、毎日楽しく仕事してます。

ひとりマルシェ’16を振り返る

まず、こちらでひとりマルシェ終了を事前にお知らせできずにご迷惑おかけしました。

今頃、たくさんの方に気にかけていただいていた事実を確認しました。

 

 7年目の今シーズンのひとりマルシェは、5月1日〜7月6日まで開催しました。

みなさま、ありがとうございました。


今年の変更点などは、テント、バイクラック、ラジオでひとりマルシェの話をさせてもらったことでしょうか。

あと、2台分ですがやっと駐車場ができました。

どれも得意な友人(勝手にそう呼びます)と相談しながら手作りで出来たことが嬉しく手応えを感じました。


一番肝心な、茄子などの野菜はうまくいったものもあればそうでないものも。
でも年々、手応えはあるんですホントに!笑

三女(紗希)が産まれ年末から2月まで、予定通り仕事を抑えたところまでは良かったんですが、予定外のインフルエンザで更に半月仕事が遅れる事態に。
茄子の収穫、出荷はこなしましたがひとりマルシェ野菜に大きく影響が出てしまいました。
体が資本ですね。

が、5月から初めて収穫のお手伝いをしてもらい時間と体力と気持ちに余裕が生まれ、手の入った畑で終盤までまずまずの品質を維持出来たことは冬春野菜の作付けに繋がります。

自戒の念を込めて、「美味しい野菜は綺麗な畑で育つ」のを忘れないように。

昨年より上手く段取りして、元気な野菜を作れるように準備します。