丹下と茄子

40歳のインディーズ農家です、毎日楽しく仕事してます。

お肉の掃除

閉店間際のゴッチャポントさんに野菜を届けてきました。
厨房でお話しさせて頂いた後にオーナーシェフの小城さんが「ちょっと面白いモノ見ていく?」と冷蔵庫からサラシで巻かれた塊を出してくましれた。
f:id:tangefarm:20090430225805j:image
餌に牧草だけを食べさせいる北海道の北里八雲牛(短角牛)のブロックがサラシに包まれ熟成されていました。
5月中旬からメニューに加わる予定だそうです。
http://gcpt.exblog.jp/10977361/
楽しみに待ちわびていたのでこれは食べねば。
となりはほろほろ鳥で、1羽丸ごとの状態です。
お話している間に綺麗にパーツごとに切り分けられていきました。
f:id:tangefarm:20090430231145j:image
しっかりと食べきる姿勢は大切です。
下準備があっておいしい料理に繋がるんですね。
なかなか見られない貴重な光景でした、ありがとうございました。